FAXDMを利用する

FAXDMで効率よく宣伝する

FAXDMで予算や目的にあわせて最適な宣伝ができる

他の媒体に比べて安い費用で宣伝ができる

封書を使用したりハガキを使用したダイレクトメールの場合には、それぞれ封筒にかかる費用やはがきにかかる費用がありとても高額になってしまいます。また印刷したり封入したりする手間などもかかってくるので、一通あたりを送付するためのコストがとても高額になってしまいます。web広告を利用する企業も増えていますが、検索結果に表示させる為の公告の価格はオークション制であり単価がどんどん上がってきています。FAXDMでは1通当たり数円という低コストで配信する事が可能であり、広告費を多く捻出する事ができない場合などにはとても有効な手段です。

開封率が高く目に止まりやすい宣伝方法

封書のダイレクトメールの場合には開封してもらって初めて宣伝する事がかのであり、Eメールの場合にもクリックしてもらって初めて宣伝する事ができます。FAXDMの場合には基本的に原稿が紙として送付されてくるので、確実に一度は中身に目を通す事になりそれに興味を持ってもらう可能性を高める事ができます。封書のダイレクトメールの場合には印刷したり封入したりする時間がかかりますが、FAXDMの場合には原稿とFAXのリストさえあれば送付する事が可能です。専門の業者であれば1時間に3万通を配信する事ができる環境が整っている場合もあるので、短時間で大量に発送する事が可能です。思い立ったらすぐに送れるという事は反応がすぐに返ってきやすいという事であり、ある程度の即効性を期待することができる宣伝方法です。

手元に残りやすいので宣伝効果がある

FAXDMでは紙として出力されるのでその場ですぐに必用が無くても、気になったものは保管してもらいやすく後から宣伝効果を発揮する事ができます。実際に送信してから数週間後に反応がある場合も数多くあり、ニュースレターとしてシリーズ化して送付する事も可能な媒体です。FAXDMでは基本的にA4用紙に内容を収める必要があるので、他の媒体に比べると伝えられる内容の絶対量は限られます。しかし用紙1枚の原稿さえ作れてしまえば他の媒体に比べて原稿を造る労力をかなり削減する事ができ、短時間で作製する事が可能です。他の媒体のようにカラーリングをしたりきめ細やかなレイアウトにこらなくても、白黒で出力するので読みやすいレイアウトにこだわるだけで作製が可能です。安い費用で簡単に大量の宣伝広告をする事ができるFAXDMは、専門の業者も数多くありどのような内容の宣伝をするのかによって最適な専門業者を選択する事で重要になります。

人気記事ランキング